パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

1,500個搭載、出玉性能はデジハネ最高峰/デジハネP〈物語〉シリーズ セカンドシーズン

投稿日:


サミーは9月9日、パチンコ新台「デジハネP〈物語〉シリーズ セカンドシーズン」(製造元:銀座、型式名:Pデジハネ物語セカンドシーズンGSA)の発売を発表した。本機は今年2月にホール導入された199ver.「P〈物語〉シリーズ セカンドシーズン」の甘デジタイプで、『デジハネ1500』と銘打たれたシリーズ第一弾として登場する。

■基本スペック
・大当たり確率 1/99.9
・賞球 1&2&4&10&15
・ラウンド 3Ror5Ror10R(10C)
・出玉 約300個or約500個or約1,500個
・時短 36回or115回or379回
・遊タイム 大当たり終了後250回転後に379回

甘デジ化にあたっては、最大ラウンド比率を199ver.と同じ35%としながらも、出玉は約1,500個(199ver.は約1,100個)にパワーアップし、デジハネ最高峰の出玉性能を実現。本機は継続率70%の時短115回「こよみドリーム」が最大のキモとなっており、突入契機は「こよみチャレンジ(時短36回)」中の大当たり、10R直撃大当たり、250回転消化後に突入する遊タイムからの3ルートが存在する。合算突入率は約45%。

「こよみドリーム」の前半は「ぱないのゾーン」専用演出が展開し、後半は4種類のモードから任意で選択が可能。時短終了後は135回転後に遊タイムが発動する点も魅力的だ。

11月22日よりホール導入開始予定。

デジハネP〈物語〉シリーズ セカンドシーズン_筐体

©西尾維新/講談社・アニプレックス・シャフト ©Sammy

-新台
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.