パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

赤図柄で当たればあと2回!!伝説の2回ループ復活!!/P真・黄門ちゃま

投稿日:


平和は1月16日、都内台東区のショールームにてパチンコ新台「P真・黄門ちゃま」のプレス発表会を開催した。

1994年に導入された同社の大ヒット機「CR黄門ちゃま2」。本機は、そのゲーム性を受け継いだ「黄門ちゃま」シリーズの最新作となる。

■基本スペック
・大当たり確率 1/319.6
・賞球 1&1&1&3&4&4&15
・黄門祭り突入率 53%
・ラウンド 10R(10C)
・出玉 約1500個
・時短 大当たり終了後に0回or1回

スペックは低確率1/319.6の一種二種混合機で、電サポありの大当たりを獲得できれば小当たり確率約1/1により、大当たりがあと2回ループする仕様。通常時は赤図柄で大当たりすると「天下泰平ボーナス(電サポあり)」を獲得、終了後は本機の醍醐味である「黄門祭り」に突入。青、緑図柄での大当たりは「漫遊ボーナス(電サポありor電サポなし)」となり、ラウンド中に発生する「お祭りジャッチメント」に成功すれば「黄門祭り」に突入する流れ。「黄門祭り」突入率は53%。

「黄門祭り」は電サポ1回+残保留1個。赤図柄(電サポあり大当たり)で当たる限りあと2回は大当たりがループしていくが、緑図柄(電サポなし大当たり)で2回連続大当たりしてしまうと終了となる。電チューの大当たりの振り分けは、電サポあり大当たりが33%、電サポなし大当たりが67%。

「黄門祭り」中は演出が異なる「お祭りモード」、「初代モード」の2モードが選択可能。ヘソ・電チュー共に大当たりの出玉は全て1,500個の払い出しなので、初当たりが電サポ大当たりであれば最低でも4,500個の出玉を得られるのも注目ポイントだ。

導入開始は3月上旬を予定している。

©C.A.L/2020

 

■パチンコ新台「P真・黄門ちゃま」予告ページとPVが公開/平和

平和は1月6日、パチンコ新台「P真・黄門ちゃま」の予告ページと予告PVを公開した。

ムービーでは、「初代黄門ちゃまのあのゲーム性が大復活!!」「赤で当ればあと2回!!」といった文言の他、筐体の意匠も確認できる。

・予告ページはこちら(外部サイト)
・予告PVはこちら(外部サイト)
・スマホ向けPVはこちら(外部サイト)


©C.A.L/2020

-新台
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.