パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

QBシリーズの正統後継機が登場/高尾

投稿日:


高尾は8月26日、都内台東区のショールームにてパチンコ新台「Pクイーンズブレイド3」のプレス発表会を開催した。

シリーズ第3弾となる本機は、これまでの美闘士に加え第3の物語となる「クイーンズブレイドグリムワール」も加わり、総勢47名の美闘士が参戦。SPリーチはQBシリーズ史上最大となる全44種類にも及ぶボリュームだ。さらに本機を代表する「聖なるポーズ」は全6系統69パターンとシリーズファンには嬉しい進化を遂げている。

スペックは低確率1/319.9、高確率1/49.8のV-ST機。ST突入率は50.5%(時短引き戻しも含めると約60.2%)、ST継続率は約86.8%の高継続仕様で、大当りまでの平均時間3分15秒と高速消化もウリとなっている。ST「SUPERクイーンズタイムα」は聖なるポーズ取得を目指すゲーム性で、消化中は聖なるボタン停止で大チャンス。成功時は役物完成でポーズを取得し、2~10R確変のランクアップ式「聖なるBONUS」となる。その他、エピソードリーチ、VSリーチ、ストーリーリーチ等を経由した大当りは図柄揃いとなり、安定して7Rを獲得出来る事が可能だ。また、同社新内規第一弾となるヘソ賞球が3個となっている点も注目となっている。

本機の導入は10月下旬を予定している。

©HobbyJAPAN/QBグリムワール・パートナーズ

-展示会, 新台
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.