パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

純正サバチャンついに「解禁」/6号機「パチスロ猛獣王 王者の咆哮」

投稿日:


サミーは1月17日、都内台東区のショールームにてパチスロ新台「パチスロ猛獣王 王者の咆哮」の内覧会を開催。ホールへの導入開始は来年4月1日を予定している。

本機は、同社の大ヒット4号機「パチスロ猛獣王」のゲーム性を継承した最新機で、高純増約6.0枚/G×色目押しATを実現した。サバチャンの略称でお馴染のAT「サバンナチャンス」が特徴となっており、突入時にダチョウ・ゴリラ・ライオン・ゾウよりいずれかが選択される。どのサバチャンも100ゲーム継続を狙いエンディングを目指すゲーム性で、後者のサバチャンほど獲得枚数に期待できるといったものだ。

「ダチョサバ」は10G/1セット(最大10セット)の2択当てタイプで、ゲーム終了時には2択チャレンジとなり、成功で次セットへ継続する。「ゴリサバ」は20G/1セット(最大5セット)のストックタイプで、ゲーム数消化後に5ゲームのゴリゾーンに突入。5ゲーム以内に図柄が揃えば継続する。「ライサバ」は毎ゲーム抽選(最大100G)となり、クロヒョウが出現すれば終了のピンチ、撃破できれば継続となる。そして、最も継続に期待できるのが「ゾウサバ」だ。突入時点で100G継続となりエンディングが確定する。加えて、消化中のレア役はゲーム数上乗せチャンスとなっていて、「エンディング確定+α」の“獣熱”仕様となっている。

また、サバチャン中の色目押しナビ発生時は早押しチャレンジができる。目押し成功時にスピードに応じた判定が発生し、判定の内容と回数に応じて、サバチャン終了画面に称号が出現。マイスロにて全国の早押しランキングも集計され、自分の腕を試す楽しみ方もできるものとなっている。

サバチャン終了後は、引き戻しが期待できる「猛獣王MODE」に移行。引き戻し期待度は最大80%で、「猛獣王MODE」の上位版である「猛獣王RED」なら期待度80%濃厚だ。本機は、サバチャンと「猛獣王MODE」をループさせることで出玉を増やしていくゲーム性となっている。

通常時は規定ゲーム数消化でサバチャンに突入するほか、肉の獲得がサバチャン突入のカギを握る。肉は10個獲得することで肉ジャッジへ移行。同ジャッジでは直当選かCZ移行が期待でき、CZは「獣ロワイヤル」と「パトカバモード」の2種類が存在。「パトカバモード」ならサバチャン突入期待度が約80%だ。なおサバチャンの初当たり確率は1/356(設定1)~1/231(設定6)となっている。

©Sammy

-新台
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.