パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

衝撃の5ストック!最強フラグ「GOTOフリーズ」搭載/パチンコ寄生獣

投稿日:

サンセイアールアンドディは12月5日、新台「パチンコ寄生獣」を発表した。ホールへの導入開始日は2月4日を予定している。

本機のゲーム性は1種2種混合タイプ。大当り確率は1/199で、大当り後は必ずチャンスゾーンへ突入する。大当り図柄が3・5・7の場合、「咲々チャンス」(時短6回)+「増々チャンス」(時短5回)に突入し、最大11回の時短が発生。それ以外の図柄で大当りした場合は「増々チャンス」(時短5回)のみの突入だ。

また「増々チャンス」(時短5回)中の大当り時は、必ず「咲々チャンス」に突入する。継続率は「咲々チャンス」のみが約52%、「咲々チャンス」+「増々チャンス」が約80%となり、一度「咲々チャンス」に突入すれば高継続のチャンスだ。

演出面では、「増々チャンス」が保留変化の法則を楽しむ演出、「咲々チャンス」が3つの花を咲かせる演出と、異なる演出内容を楽しむことが可能。また本機は、プレミアム演出として5個のストックが確定する「GOTOフリーズ」という名の最強フラグを搭載した。

遊技機(パチンコ、パチスロ)化するのが初となる「寄生獣」は、1990年から1995年にかけて『月刊アフタヌーン』(講談社)で連載された岩明均原作のSFマンガ。パラサイト(寄生生物)「ミギー」と、「ミギー」に右手を寄生された高校生「泉新一」が、人間を侵略し始めたパラサイトたちとの攻防や共生を試みるストーリーで、これまでにテレビアニメ化、実写映画化されるなど、連載終了してからも高い人気を維持している。

©岩明均/講談社

-新台
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.