パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

エヴァシリーズ初の6号機「SヱヴァンゲリヲンAT777SK」検定通過

投稿日:

ビスティのパチスロ機「SヱヴァンゲリヲンAT777SK」が10月5日付けの北海道公安委員会の検定を通過した。

同社初、そして、エヴァシリーズ初のパチスロ6号機となり、関係者からの注目を集めそうだ。なお型式名を見る限り、AT仕様と考えられる。

エヴァシリーズのパチスロ機は、2005年9月に初登場。パチスロ5号機としてもホールへの導入第1弾(パロットの花月伝説除く)となり、業界関係者及び一般ファンからの注目を集めた。当時、ホールのパチスロコーナーは4号機の人気機種が主役を占めたなか、RT付きのAタイプ機として本機は一定の人気を獲得した。その後、Aタイプ仕様を中心にシリーズ後継機がリリースを重ね、また、その途中からはA+ART仕様のシリーズ機種も登場し、パチンコだけでなくパチスロ機でもお馴染みの人気コンテンツ機として現在に至る。

なおエヴァシリーズのパチスロ機では、今回、検定を通過した「SヱヴァンゲリヲンAT777SK」ほか、5号機「パチスロ 新世紀エヴァンゲリオン10j」(ジェイビー製/6月11日付け、沖縄県公安委員会等)も検定通過済み未発売機種として存在する。

-新台
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.