パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

プロジェクト第2弾は新告知ランプ搭載!/シークレットハイビスカス

投稿日:

パイオニアは4月11日、パチスロ新台「シークレットハイビスカス」を発表した。

本機は、ハナハナシリーズ初の25φ機「グレートキングハナハナ」に続く、同社が25φ市場に挑戦的な機種をリリースしていく「アタック25~百華繚乱プロジェクト~」第2弾。

今回、機種名の“シークレット”が示す通り、ハイビスカスランプが点灯しても横の遊技者からは見えない“シークレットランプ”を採用したことが大きな特徴となる。もちろん、ハイビスカスランプが光ればボーナス確定だ。

ランプの告知割合は先告知(レバーオン時)が1/3、後告知(ボタン第3停止時)が2/3というバランス。チェリー同時当選時は後告知のみとなっており、チェリー出現時のドキドキ感を最後まで維持できる仕組みとした。またランプの点灯パターンも注目で、伝統のプレミアムパターンで点灯すればBB濃厚となっている。

ボーナスは純増312枚のBBと、純増104枚のRBの2種類。ボーナス中は多彩なBGMでプレイヤーを祝福する。ボーナス合成確率は1/171(設定1)~1/119(設定6)で、出玉率は96.5%(設定1)~110.1%(設定6)だ。

導入開始は5月下旬を予定している。

-新台
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.