パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

武将を倒し特化ゾーン「秀吉決戦」を目指せ!/「政宗2」

投稿日:2017年7月28日 更新日:

㈱大都技研(木原海俊代表取締役)は7月27日、都内中央区の本社でパチスロ新台「政宗2」のプレス向け試打会を開催した。

2011年8月に導入が始まり人気を博した「政宗」の後継機となる本機。前作とは異なりART特化型タイプとしての登場となる。

ART「隻眼の乱」は1セット50G+αで純増約2.0枚という仕様。ART中はレア役等を契機に発展する武将対決に勝利すればゲーム数を上乗せ。さらに上乗せ後は上乗せ特化ゾーン「秀吉決戦」突入のチャンスで、ART中は主にこの「秀吉決戦」を目指すゲーム性となる。

「秀吉決戦」に突入すれば、消化中に発生する“7を狙え演出”で青7が揃う度にゲーム数が上乗せ(最大300G×継続率最大80%)される。「秀吉決戦」は“7を狙え演出”の失敗の一部で終了となるが、青7揃いのほかにも、金7が揃う場合があり、この時は、「秀吉決戦」自体をストック。また一定の条件をクリアすることで「秀吉決戦」の上位版となる「超秀吉決戦」(継続率85%)に突入することもあるなど、非常に出玉期待感の高い上乗せ特化ゾーンとなっている。

本機の導入開始は8月7日を予定。

 

-新台
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2021 All Rights Reserved.