パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】他業種から見た、パチンコという接客業の異様さ/CRAナカムラ

投稿日:

●CRAナカムラのぱちんこ泰然自若255
はい皆様、今週も謎のオッサンが東北からぱちんこ愛を叫ぶコラムへようこそ!最近ちょくちょくパチンコに行く暇もできてきた、CRAナカムラでございます。

既にこちらは冬の扉にknock on the doorな感じでして、夜なんかはついに冬布団が必要になって参りました。

さてさて、ここ最近は温泉旅館のプロデュースに尽力しながら、暇ができたらパチンコに行くという生活でして、この歳で新たな刺激に満ち溢れるファンキーオッサンって素敵やん。

パチンコ以外の他業種に手を付けてみて思うのは、

( ゚Д゚)パチンコがいかに難しかったか!

なんですよね。

決して他業種がチョロいとかそういう意味ではなく…パチンコ業界が法令がんじがらめで、表に出す文言一つでも細かく規制され、何かお客さんに感謝を示す企画でさえ「それダメ!これもダメ!」と言われる始末で、その状態を当り前としてやってきたら規制の緩い他業種が本当にやりやすい。

パチンコ業界では未だに広告規制をなんとかスリ抜けようとして、晒し屋とか第三者を装ったクソ業者に金を落とすホールが後を絶たない。ま、分かっててやるホールが一番クソなんですけどね。

でね、やっぱり痛切に思うのは…商売を行う側と客側の利害が一致するのって重要なんですよね。

温泉旅館で言うと、客は温泉に入って泊まって帰るつもりで来店して、その通り欲求が満たされてお金を払う。店側は料金を頂いておもてなしする。まさにwin-winな関係。

これがパチンコだと、金儲けしようとやってきて逆に金を失うのがお客さん。勝つ人は店に損害を与える立場。win-winとはならず、必ずどちらかがloseにならないと成り立たないんだ。

接客として究極に難しいんですよ、パチンコって。

パチンコの接客で鍛えられていて、他業種への転職を考えている人は、自信を持って他の接客業(夜の店は除く)に飛び込んでみるといい。いかに自分が難しい接客をしていたのかがすぐ分かると思う。

さてさて、ちょっとパチンコ業界から一歩引いてみた感想はこれくらいにして、打ち手としてココ最近のパチンコについて少しだけ語らせてもらおうか。

( ゚Д゚)なんだかんだ、今がここ20年で一番荒くない?

荒い荒いと言われていたアレパチや権利モノ全盛期より、遥かに荒くないかい?

スロット4号機上等のギャンブリッシュレベルだと思うんだが、大丈夫なのだろうか?

一撃10000個なんてすごく身近だし、逆に1/319引いても50%で血も涙もない450個終了とか…そんなの当たりじゃないから。実質大当り確率1/638じゃん。

出玉スピードも尋常じゃなくて、これはそのうちお上がトールハンマーを振りかざすと思われる。

そこまでは誰が何言っても聞かないから言わない。

そして最後に、メーカーは限られるが「紫保留」ってなんやねんっ!これは本当にイラッとする!緑の扱いが悪くなりすぎたから、緑と赤の間に…ってことなんだろうけど、所詮は緑に産毛が生えた程度ならイランでしょww

それなら緑の扱いを昔に戻した方が、よっぽど打ち手に伝わると思うのはボクだけ?

紫保留を多用してるメーカーさん、ちょっと考え直してっ!

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

-コラム
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.