パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】やたら所轄から嫌われている店舗に着任した「おもひで」後編。/CRAナカムラ

投稿日:

●CRAナカムラのぱちんこ泰然自若243
はい皆様!今週も張り切ってイキましょうっ!私事ながら、今月は原稿が長短含めて8発入っておりまして、なかなかファンキーなスケジュール進行を余儀なくされている謎のオッサン、CRAナカムラでございます!

今回は先週の続きですよNe☆

このまま本題へGO!

転職してすぐ所轄へ書類を出しに行ったはいいが、なぜか非常〜っに冷たい扱いを受けて店長に愚痴ると、実は「数年前に県警からフルセット摘発されて、しかもそれが警察24時で中継され、その上実質経営者が逃亡した」という話を聞かされ、

( ゚Д゚)先に言っといてくれよ!

と思ったが、あの所轄の態度にも納得がいった。警察にとってはドエライ恥をかかされた上に、実質経営者を取り逃がして1ヶ月後に出頭されるという、メンツ丸潰れの仕打ちを受けたんだから、今でもグチグチ言いたくなるわな。

とりあえず置かれた状況は分かった。前途多難だが、持ち前のコミュニケーション能力でぼちぼち改善していくしかないのだ。

そして迎えた入れ替え検査日、関西の店では所轄の人が勝手に番号表を片手に、開けられた対象台の番号を確認していって「OK♪」って感じだったのだが、この地域では店舗責任者が対象台の番号を読み上げて、所轄が番号表と見比べる形。新任副店長という立場のナカムラは、今回は張り付いて見てるだけという事で…ひたすら無礼がないようにご案内していた。

まず、10台ぽっちの入れ替えで所轄が5人も来たのだが、番号確認の他に試打もするし、何なら新台でもなんでもないスロットを開けさせられて、裏ロム発見機(メイン基板のジャックに挿すヤツ)までやりだす始末。

( ゚Д゚)ものものしぃ…

当然だが番号も間違ってなかったし、基板も全部正常だったのだが…所轄の人の中でも一番偉そうなお方が、

(所・_・)「ん?イスがえらい新しいなぁ」

と言い出した。

そうなのだ、実は新台入れ替えとは関係なく、一週間くらい前から閉店後に一部分ずつイスの座面だけ新品に取り替えていたのだ。手作業だから全部終わった時点で書類出す予定だったのだが…

(所・_・)「これの書類は?」

と聞かれ、まだ用意してない事を告げると…所轄の顔色が変わる。

(所・_・)「はぁ?ナメてんのか?」

所轄お怒りモード発動!

ナカムラの記憶では、イスの変更は事後一ヶ月以内に変更届を出せばOKのはずだが、このお偉い様は新台のように「変更承認申請」が要ると言い張る。

店長滝汗で硬直ww

でも、空気を読まないナカムラは、

( ゚Д゚)「そんなはずない!一回署に戻って確かめてください!」

と、あくまで敬語ながらも応戦する事態に発展。

だって、無承認変更扱いになると良くて営業停止、前科アリなら営業許可取り消しもあり得る。

本来は何も問題が無ければ、午前中にホールで検査して、夕方くらいに承認の紙を所轄まで受け取りに行き、翌朝から無事営業という流れなる。

とりあえず新台は検査パスしてるので、イスの件で問題があるなら夕方にまたお話くださいとお願いして、一旦解散。

元の予定では、ナカムラは検査後に釘と設定だけやってお役御免!で近隣にパチンコ打ちに行くつもりだったが、こうなったら最後までお付き合いしますよー。

つづく

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

-コラム
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.