パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】やたら所轄から嫌われている店舗に着任した「おもひで」。/CRAナカムラ

投稿日:

●CRAナカムラのぱちんこ泰然自若242
はい皆様ご機嫌麗しゅうっ!今週も謎のオッサンが、東北からパチンコ愛を叫ぶお時間でございます。

いやー…東北って関西に比べての3倍厳しい冬を強要するのに、夏は同等に暑いという不公平感は、もうこちらに来て5年ほど経っても未だ納得いかない。

( ゚Д゚)やだもー。

さてさて、先週はド直球でメーカー批判をブッ放して編集部をヒヤヒヤさせてしまったので、今週は無難に「おもひで」でお茶を濁しましょうそうしましょう。

関西の店を辞めて中部地方に移り、副店長という立場で採用されたナカムラは当時30歳。調整や書類作りなど、もう一通りの仕事はできていたので、いきなりそこでも所轄に提出する各種書類関係を任された。主に新台入れ替えの変更承認申請なのだが、別に地域によって大した差は無いので

( ゚Д゚)お任せあれ!

って感じでサクッと作成。そしてそれを所轄に提出しに行く流れだ。

関西の店ではド田舎という事もあり、非常にナァナァな関係で

( ゚Д゚)「ちわーっす!書類持ってきたっすー!」

(警・ω・)「昨日お前んとこで負けたから、受けとらんわ!」

( ゚Д゚)「なんでやねーん!頼むでしかし!」

というノリで全然OKだったのだが、あくまで初めて顔を出す所轄なのでそこは心得ておりますよ、大人ですし。

駐車場に車を停めて1階で書類に貼る証紙を買い、ついでに生活安全課の場所を聞くと「そこの階段上がって2階の右側よー」との事なので、階段を上がろうとしたのだが……謎の「立入禁止」の看板が通せんぼしている。

( ゚Д゚)なんだこれ?

とりあえず一旦さっきの証紙売り場に戻って、立入禁止看板の事を尋ねると、あくまで用事の無い一般の人が対象だから入っていいよーと仰るので、言われた通りに看板を無視して2階の生活安全課へGO!

( ゚Д゚)失礼しまーす!

ドアを開けて礼儀正しく一礼し、所属店舗名と書類提出に来た旨を告げると、、

(警・_・)「は?階段に立入禁止看板あったやろ?」

いきなりクソ重くなる空気!

( ゚Д゚)「いやぁ…ありまし…た…ねぇ」

(警・_・)「なんで入ってきたん?」

入室10秒でもう帰りたい状況なのだが、だって下の証紙売り場の人が入ってイイって言ってたやん!とも言えず、謝りまくってとりあえず書類は見てくれる事に。

(警・_・)「んー、キミ新しい社員?なんであんな店に来たの?」

なんだかよく分からないが、とにかくご機嫌ナナメなのは間違いないので、天性のエンジェルスマイルで懐柔を試みるが…

(警・_・)「なにニタニタしとんねん」

と一蹴されてしまう。しょぼーん。

他にもグチグチと色々言われたが、とりあえず書類は受理されたので店まで戻り、店長に

( ゚Д゚)「店長!なんかやたら絡まれました!」

と報告すると、ニヤ〜っと笑った店長が「やっぱり?」と言う。

そこで初めて店長が今までの経緯を話してくれたのだが、その内容が…系列店が数年前にスロットの裏基板・ジェットカット・その他諸々のフルセットで摘発されて、さらにその様子が「警察24時」で中継され、さらにさらに実質経営者が逃亡(一ヶ月後出頭)して大ニュースになった過去があるらしいww

それまでは「中部でヤバイ裏を打ちたいならこの店!」という扱いだったそうだ。

( ゚Д゚)そりゃ目の敵にされるわ!先に言ってよ!

と叫びたかったが、まだ新人なのでできなかった。

なにはともあれ、書類提出はできたので次は台を入れ替えた翌朝の検査で、所轄の来店待ちである。

しかしと言うか、当然と言うか、その検査日にまた大問題が炸裂することになる。

つづく

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

-コラム
-,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.