パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】一気に攻めるか?まだ、動かないか?(WEB版)/チャーリー・ロドリゲス・湯谷

投稿日:2022年4月28日 更新日:

1. 「大いなる矛盾」の中で
未だコロナ感染拡大の危険性はありますが、ようやく「社会を動かす」という方向に舵が切られてきたように感じます。またコロナ感染以外にもビジネス面では失業率悪化や、物価高・低賃金による節約志向の進展問題等、業界を取り巻く環境は依然として厳しいですが、パチンコ店においては何より「客数減による業績悪化」が深刻です。つまり、現状は「ギャンブルをより好み、使用金額も参加頻度も高いヘビーユーザー」に業界は稼働も利益も支えられているという状態であり、以前のように「新規ユーザーやスリープユーザーの参加」「リピート率」は大きく数字を下げている事は明らかです。

これは前述したような社会環境の影響もありますが、特に「スロット6号機時代」となってから稼働は激減、経営悪化の主たる原因にもなっていて、その「スロットで下がった業績をパチンコでカバー」するような状態が続くのは非常に危険です。何故なら、全体の市場がシュリンク(縮小)しているのにも関わらず、顧客を創造する方法が「遊技機の射幸アップを期待する以外にない」からです。ギャンブル依存対策を業界挙げて対策している一方、その「依存度の高いユーザーがビジネスの生命線」という皮肉。残念ながらこれが「ギャンブル産業」の本質でもあり、どうやってこの「大いなる矛盾」の中で商売を成立させていくか?が、今、業界に求められていると考えます。

2. 最優先課題は、来店動機の作り方
お客様がお店に来店されるには目的があります。その主な目的は「ギャンブル」ですが「余暇の遊び」で「非日常感」「ゲームの高揚感」「暇つぶし」等、その来店動機は色々です。特に地方で郊外の大型パチンコ店は、お店の「規模の大きさ」を武器に、どんな目的を持つお客様に対しても欲求が満たせるように、他の娯楽施設との複合業態でお迎えする等、テーマパークのような「ハード重視」のビジネスモデルが中心となっています。しかし主要な目的はギャンブル。従って、遊技機においては常に最新機種を揃え、お店はその購買方針も柔軟に変更し対応。競合店よりも集客を優位にするため、薄利営業は必至で、結果、過大にコストが掛かりますし、その「高コスト体質」をずっと改善できずに、経営を厳しくさせている点も昨今の特徴であります。

大手チェーン店であれば、移動や再設置、転売等による遊技機の「資産運用」方法は多岐に選択できますが、単店ですと遊技機の運用面は苦しい。また、今後は半導体・部材不足などにより、新機種の生産調整が行われる事が予想されるので、余計に「稼働の高い人気機種の確保・設置は絶対条件」になると思います。昔であれば「新台であれば、どんな機種でも」高稼働が期待できる時代もありましたが、現在は全く代替が効きません。つまり「遊技機」そのものにも人気に格差がついているので、余計に「遊技機購入」には資金のみならず高度なマーケティングが必要になる事でしょう。

特に今年は「スマートパチンコ・スロット」登場の為の過大な設備投資が必要になる為、営業の回復・成長は必須条件です。「いつまでに、何を、どうやって」営業していくか?緻密な計画が求められています。

次のページへ >

-コラム
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.