パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【寄稿】新規勧誘の高すぎる壁(WEB版)/大﨑一万発

投稿日:2022年4月4日 更新日:

ド派手な出玉性能を掲げたP機がホールを賑わせ、6号機への移行も憂慮したよりスムーズに進んでいるようです。コロナ禍が未だ収束せぬ中ですが、一息ついた、僅かながらの光も差してきたように思える今日この頃、さあここから一気に回復基調へ! ……とはならないのが今の業界事情の厳しさです。一部機種が人気を博してはいても、既存のお客様がシマ移動・ホール移動しただけに見受けられ、プレイヤー総数増には直結していないのが現実。兎にも角にも漸減止まらぬ参加人口を増加に転じさせなければ、V字回復も画餅に過ぎません。

ノンユーザーにも目を留めてもらうべく大型版権の獲得やTVCMはじめ多様な販促活動が行われているのは周知ですが、その類の空中戦は大手企業様の頑張りに期待するしかない。我々末端がユーザー増に貢献できる活動はと言えば、「草の根運動」になるでしょうか。1人1増、地道にコツコツ……、とはいえ30万人とも40万人とも言われる業界関係者が全力で取り組めばバカにならぬ力となるはずで、嘆くよりまず行動すべし! が本筋ではありますよね。

しかし。新規勧誘は、言うは易し行うは難しの極みでもあります。偉そうに申し上げている当の僕ですら、家人をパチンコに誘えないままなのです。いや、子どもができるまでは打つこともありました。もともとやったことがない女性でしたが、1人で甘海を楽しめるぐらいには教え込みました。それが子育て期間を経て、すっかり打たなくなってしまったんです。専業主婦ですから時間がないわけじゃない。経験もあるし嫌いなわけでもない。お金がないわけでもありません。なぜやらないか、それは「パチンコしなくても毎日楽しいから」なんだそうです。育児、掃除や料理、植木やペットの世話、スーパーへ買い出し、そんな家庭内の一切を「娯楽」として楽しくやっている。今のままでも十分充実しているってことですから、差し置いてパチンコ打とうなんて言えるはずもありません。

次のページへ >

-コラム
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.