パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】シャッターの隙間から匍匐前進入場だった頃のおもひで/CRAナカムラ

投稿日:

●CRAナカムラのぱちんこ泰然自若141
はい皆様!今週もこのお時間がやって参りました!東北から全国にパチンコ愛を叫ぶ漢、CRAナカムラです!あざっす!

まずはここ最近で一番の朗報からお届けしましょう!恐らく日本一パチンコが熱い地域である我が宮城県ですが、一般の打ち手として唯一の難点だった「強制並び順入場」が廃止され、ついにシャッフル抽選が可能になりました!拍手っ!

コロナ禍でソーシャルディスタンスとやらが必須となり、今までの並び順突撃型の入場ではそれが不可能なため、ある意味どさくさ紛れではあるものの…ついに抽選が解禁となって、前日から並べる専業が美味しいところを根こそぎ持っていく状況からついに脱出!

(゚Д゚)これで朝イチから突撃する気が起きるってもんだ!

いやー、ほんと念願だったんですよね、宮城県に引っ越してきてからずっと!表向きは組合主導ですが、実際はこの抽選解禁に尽力した某大手ホールに乾杯!

さてさて、そんな「パチンコ屋の入場」ですが昔は整列もクソもなく、シャッターが開きかけた隙間から自衛隊顔負けの匍匐前進入場とか、扉を押さえる店員を数の暴力で吹き飛ばしての入場とかが当たり前の時代。入場に至るまでにも横入りが横行して、開店前からそこらじゅうでバトルボーナスが勃発しまくるのも日常。もちろん入場してからも「その台は俺が狙ってたんじゃー!」とか「俺のタバコの方が置くのが早かった!いや!俺の左手の方が先や!」とか、毎日の恒例行事のように行われる諍いと、それを咥えタバコで微笑ましく見つめる店員のコントラストこそが平成初期のぱちんこ屋だったんですね。

普段の営業でもそんな濃い~ぃ人間模様が繰り広げられるのに、当時は年に3~4回しかなかった新台入れ替えならさらにヒートアップ!改装を伴うような大規模オープンなら修羅の国!そして何より一番カオスなリアル世紀末になるのがグランドオープンである。

大きな期待に高鳴る鼓動!全パチンカーが憧れるグランドープン!今でこそ規制の強い地域でもグランドオープン特例として整理券などが認められる事が多いのだが、まぁ言うまでもなく昔は、入り口だけ指定されてて「後はご自由にどうぞ」的な状態で店側からの案内すら無しってのが多かった。

大概が夕方オープンなのだが、ボクら高校生(※時効)はいつも出遅れるので中団以降に位置するのがデフォルト。その冬の寒い日も自主的に授業を2時間くらいで強制終了させて、人生何回目かのグランドオープンにドッキドキ状態で列の最後尾に付く。だいたい200人目くらいだろうか、先頭は入り口横に寝袋で顔だけ出して横たわる猛者。列は建物に沿ってクルッと一周するような感じで伸びていて、ナカムラ少年達の並んだ場所はちょうど横入口にジャストミートしていて、ブラインド越しではあるが中の様子を伺える好ポジション。なぜここが好ポジションなのかと言うと、当時はネットなんて無いのは当たり前、設置機種の案内も外にわざわざ出してくれるような親切な店なんてなく、要はダッシュで飛び込みながら機種を選べ!って事なんです。

(゚Д゚)あ!パワフルが見える!アメドリもあるな!おー!あれはジェットスキー!

パワフルがあるのは店内から漏れ聞こえる「サンキョーデース!ヨロシクネー!」だけで十分認知できるのだが、なぜかそんな簡単な方程式も忘れてしまうくらいグランドープン前の雰囲気は格別だったのだ。

仲間と他愛もない話をしながらオープンまでの時間を潰すこと数時間、オープン直前になって中が慌ただしくなってくる。スタッフが扉の内側に立ち、時間ちょうどに扉を開けるスタンバイだ。

30分前くらいかな、静かに施錠を外して注意事項でも言いに出てきたであろう、拡声器を持った店員。何かを言おうと拡声器を口のあたりに持っていった瞬間……

どこからともなく発せられた「よっしゃぁぁぁ!いけぇぇぇっ!」の声に反応して、列が一気に崩れて暴徒と化した数百人が雪崩のように入り口に押し寄せる!

はい、もうこうなったらおしまい。並び順なんて全く意味無しで、とにかく強引に入場したもん勝ちである。店員が止めようがお構いなしでフッ飛ばして入場!邪魔になるものは全部踏み潰せの精神で、そこにはもうモラルもへったくれも無いのだ。

もちろん例に漏れず、ナカムラ少年達も

(゚Д゚)うぉぉぉぉ!出遅れるなー!突撃ぃっ!

である。店員も諦めて、暴徒の入場を半笑いで見つめるしかない。

ゴミも散乱しまくり、個人で持ってきてたであろうイスも蹴り飛ばされ、なんとか入り口までたどり着いて扉を潜ろうとした時、何かに躓いて仲間が転倒っ!こういう時の転倒って本当にヤバイんだ。後続が容赦なく踏んづけてくるから。

(゚Д゚)お!大丈夫か!?

と優しく手を差しのべ…るはずもなく、一人を残してナカムラ軍団入場完了!

遅れてきた転倒野郎も含めて、全員が並んでハネモノ(グランドオープン記念無制限仕様)に着席!やはりこういう時にハネモノを狙うクレバーさは、この先パチンコ業界で活躍するであろう逸材!そして入場前から目ざとく見つけていた「無制限」のフダ。

しかし本来のオープン時間はまだもうちょっと先、店員も「まだ打たないで!」と注意して回っている状態で、しばしのコーヒータイムとなる。

(゚Д゚)じゃーボクもコーヒー買ってくるわー!

と立ち上がった瞬間、ズルッと滑って転びかけるナカムラ。

(゚Д゚)ん?なんかやけに床がヌルヌル…

改めて見てみると、大理石チックな床が微妙に赤い。他のシマも見てみると、そこらじゅうが赤いんだ。

んんんんん?なんだこれ?

ままま、気にしてもしょうがないんで、正面入り口横の自販機に向かう。

そこでは何か大騒ぎしていて、覗き込んでみると…

真っ赤な寝袋。

と、そこから出ている真っ赤な顔。

(゚Д゚)ゑ?

つづく

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.