パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】グローバルでワールドワイドなハナシ。/CRAナカムラ

投稿日:

●CRAナカムラのぱちんこ泰然自若130
いやいやいや…ハイ実はですね、昨日が本来の公開日だったんですけどね、個人名バシバシ使って議員批判した原稿がまるごとボツってしまいまして、イチから書き直しの結果…1日遅れの掲載となっておりますww

さて、せっかくなので今回は一旦コロナから離れまして、グローバルでワールドワイドなインテリジェンス溢れる話をさせて頂きましょう。

皆さん、パチンカーのお国柄って意識して見たことありますか?長年のホール勤務で特に外国人が多い地域での店長経験も多々ありまして、そこから今回お国柄をピックアップするのはまずブラジルの方々!

岐阜県って、大手家電メーカーの工場やトヨタ自動車の下請け部品工場が多いんですよ。そこで働く人達は、もちろん日本人も多いんですけどブラジル系の人達もだいぶ多くて、集落的に固まって住んでたりたり散らばってたり、ポルトガル語しか通用しない飲食店があって迷い込んだ時は泣きそうでしたけど、案外ジェスチャーと笑顔で何とかなるもんだと実感した30過ぎの頃の夏。

ボクが見てたホールでも稼働50人のうち、瞬間最大で20人くらいがブラジル系の人ってこともたまにあるような地域だったんですね。

問答無用の尻好きとしては、ビジュアル的に非常にヘヴンだったんですけど、まぁこの話はここでは書けないのでまたどこかでww

最初は、閉店時間が来て止めに入っても意地でもハンドル離さない人とか、なぜかウチの駐車場が近所の教会の指定駐車場にされてたり(空いてるからいいだろう理論)、店の内外で個人的に悪いところが目立ってたんですけど、つたないポルトガル語(ヤフー翻訳)で話しかけたりすると、もともとノリが異常に良い人達なので仲良くなるのも簡単だった。本当に翻訳が正確だったのかはさて置いてだが。

そんな彼らのお気に入りは、何といっても海物語!他のはコンテンツがよく分からないって理由なのか、とにかく海物語(当時は大海SP)が大好きで老若男女のブラジル人が座ってた。でね、日本人のオバチャンって全国津々浦々「リーチがかかった瞬間に画面を右から左に撫でる儀式」するじゃないですか?あれをやるんですよ、ブラジルの人も!普っ通~に!しかも男女問わず!海物語は国境を越えるww

そんな彼らの一番困った問題がボタン強打でして、体格的に男も女も日本人より一回り以上大きい人が多かったのもあり、シマごと揺れるボタン強打がけっこうヤバかったんです。

振りかぶってドーーン!なんて当たり前で、全身全霊連打とかもう目が血走ってるんだもん、怖いよww ポルトガル語も喋れる日本人のお客さんに話を聞くと、どうやら「ボタン連打すると当たりやすくなる説」というか、連打しろ!みたいな指示が出てる時は本当に連打の数が足りなければハズレになると思い込んでるらしい。

(゚Д゚)そんなのヤフー翻訳で説明できなひ…。

って事で、その日本人のお客さんに文面を作ってもらってポップにしましたさ。

それで多少…かなり多少は収まったんだが、ある日事件が起こるのだった。

つづく

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2020 All Rights Reserved.