パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】今回の選挙戦に見るパチンコ業界/CRAナカムラ

投稿日:2019年7月25日 更新日:

●CRAナカムラのぱちんこ泰然自若91
はい皆様!異常に過ごしやすい初夏の東北で、パチンコ禁断症状に苦しむ重症患者CRAナカムラです!もう何週間パチンコできてないのか考えるだけで、目の焦点が合わずに右手プルプル状態でございます。

仕事でたまたま乗ったエレベーターの階数表示がドット表示でと動くのを見るだけで動悸がするので、もうそろそろ本気で臨界点なんだろうと自覚している次第でして、今週末までに仕事をムリヤリ詰め込んで、週末は健康のためにパチンコできるよう頑張りますよ、ええ。

先週末は選挙の投票を済ましてから、ついでに知り合いが打ちに行ってるマ〇ハンにコーヒーを差し入れするのが精いっぱいだったんですけど、皆さんは選挙行きましたか?

今回は「パチンコ業界をバックアップしまっせ!」という公約を掲げた方が出馬した影響で、業界内でも応援体制を敷く動きが見られ、当然ワタクシもその方に投票しましたが…残念ながらその方は落選と相成りました。

実はね、ワタクシも選挙の投票は今回で2回目なんですよ。初めて選挙に行ったのは、20歳で選挙権を貰って初っ端の選挙、アントニオ猪木率いるスポーツ平和党に入れるという軽いネタ投票だったのを鮮明に覚えています。それ以来、ずっとホール企業で働いてたのもあって選挙には行ってなかったんですけど、今回は業界を愛する者の義務的な考えが働いて、

(゚Д゚)どうしても行かなアカン!

と思い立ちました。

そのパチンコ業界を推す候補者に対して、業界内でも「どうせ選挙前に言ってるだけだよ」とか「当選しても何も変わらないよ」ってな感じの否定的な意見も散見しましたが、

(゚Д゚)せめて投票してから嘆いた方がよくない?

だと思うんですよね。そりゃあね、仰る通り何も変わらないかも知れないけど「宝くじは買わなきゃ絶対当たらない理論」だと思うんだ。何もこの候補者が当選したからって、すぐに規制が緩和されるワケではない。そんな事分かってる。

でもさ、なんか久しぶりに八方塞がりな業界に対して【救世主となる可能性が僅かでも存在する】候補者だったんじゃないのかな?そして、それを支援するためにすべき事は投票のみでしょ?そんなに難しい事だったかな?

変にカッコつけて「そんな事に熱くならない俺カッケェ!」みたいなのは要らないから。これからもこの業界でメシを食う人間は、この可能性を最大化する義務があったと思ってるよ。

忙しいって言ってても期日前投票って手もあるんだし、経営側も従業員に対する働きかけや選挙に行く事へのバックアップを万全にしたかな?大半はしてないよね。

例えばさ、打ち手も巻き込んで「選挙当日は全国全店13:00開店!投票証明を持参で優先入場!」みたいな事を、全日遊連レベルで議論するくらいの気概が欲しかった。各地域の規制上問題があるのは一旦置いといてなんだけどww

でも、ちゃんと根回ししておけば景品の無料抽選プレゼント(現行のファン感謝デー)よりはハードル低く見えるのは気のせいかな?

まぁ、色んな意味で業界がなるべくしてそうなってる事情を露呈した今回の選挙。

果たして、次はあるのか?

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.