パチンコ、パチスロ業界ニュース

【コラム】おもひで『他業種店長への道』/CRAナカムラ

投稿日:

CRAナカムラのぱちんこ泰然自若62
はい皆様グッドウィンター!唐突ですがちょっと聞いてくださいよ!この前ですね、「球技はパチンコのみ」がモットーなボクが、なぜかフットサル大会に参加してきたんですけどね、普段の動きで使わない筋肉を使ったおかげで、意味が分からないくらい色んな箇所を痛めて3日間ほどは少し歩くだけで「おぅふっ…」とか「あぅん…」みたいな吐息が漏れてしまい、しばらくアダ名が「洋モノAV」になっていたCRAナカムラです!

さてさて…初っ端から既に脱線気味なんで、ここは開き直って例によって例の如く「おもひで」に逃げたいと思います。異論は認めるが従わないZo。

■ライバルを潰したはイイが…
ここでも過去に触れたような気がするが、関西某県で初めて店長になったナカムラは当時27歳!地域で最下位争いしていた店舗を任され(放り投げられ)て、かなりの爆運と少しの実力で地域1番ブッチギリ店舗にするまでにかかった期間は2年弱。地域5店舗のうち2店舗を閉店に追い込んだはイイが、自店から直線距離で1キロもない元ライバル店舗が空き家になってしまったんですよ。

そこで心配するのはやはり、〇ハンが買ったらヤヴァイ!みたいな事。

元ライバル店は規模的には大きくないので、そこまで大手が食いつくような条件じゃないんだけど、〇ハンじゃなくても準大手や死ぬほど金持ってるチェーン店が来られたら「明日は我が身」になってしまうのは必至。公に売り出されてるワケでも無さそうだし、戦々恐々と見守っていた夏の昼下がり…事務所で半分寝ながら従業員のシフト組みをしているところに、月イチくらいしか来ないはずの社長降臨!しかもやけにニコニコしている…。まぁ、地域一番ブッチギリになってからは常に仏陀の如く後光が差している社長なんだが、今日は気持ち悪いくらい笑顔5割増量中。今なら間違いなくマックで働いても違和感なく溶け込める。

■買っちゃった♪
背中がゾワッとするのを抑えながら挨拶すると、仏陀が一言…「買っちゃった♪」だそうだ。会話に主語がなくて困らされることにも慣れてはいるが、全く意味が分からなくてショートフリーズしているナカムラに対し、続けてもう一言「隣の店♪」。

(゚Д゚)マジかぁぁぁぁぁぁっ!

まるでファミコンソフトを買っちゃったかのようなノリでのご報告ありがとうございます。ままま、ね、毎月ウン千万の粗利を高島屋の紙袋に詰めて「ジュラルミンケースとかより、紙袋の方が襲われる心配ないんやで~」と持って帰る豪傑仏陀なので、庶民とは生活レベルが桁4つくらいは違うんだろうしね…敢えて値段は聞かなかったが、億を下る事はないのは確実。

とりあえず強力なライバルが参入することはコレで無くなったワケだが、次に思案すべきはこれだけのカネを使った物件をどう使うのか?ですよねそうですよね。そこは百戦錬磨の仏陀!当然運用もある程度は考えて……なかったんだコレが…。

■ノープランで億
恐る恐る「じゃあもう1軒パチンコ屋します?」と聞くナカムラに対し、仏陀は「んーーどうする?とりあえず同業が来るのがイヤやったから衝動買い♪」との事。

まさかのノープラン!男の中の漢っ!衝動買いで億使う仏陀!素敵っ!

離婚して家を出て、浮浪者寸前で拾ってもらい、1年半でベンツを現金一括で買う所まで面倒見てもらってるナカムラとしては仏陀は絶対的神であるのだが、かな~りイヤな予感しかしない。だって絶対「兼任で店長な♪」と言われるのが目に見えてるもんww

当時、店の鍵を持ってるのはナカムラだけで、店を開けるのも閉めるのもナカムラオンリー。つまりは拘束時間がハンパない状況で、外泊&寝坊の最凶コンボで突然告知無しの12時開店になったりしたのが1回だけじゃないのは内緒の話である。

とりあえずその日は「買っちゃった♪」報告だけをしたかったらしく、いつも通り紙袋に数千万円を詰めて帰っていった。ちなみに、帰り際に「おなかへった!」と言えば「従業員みんな連れていったれ」と数万円置いて行ってくれるのが恒例行事で、全員揃って行われる総取りじゃんけんが月イチの激熱イベントだった。まぁ優勝者は当然メシを奢らされるんだが、Winnerナカムラの時だけはクソ高い焼肉屋で、けっこうな赤字が出るのもお決まりだった…。

■候補が絞られてきた
ででで、その数週間後に再び仏陀が降臨して、あーだこーだと協議した結果、候補は①ゲーセンカラオケネットカフェ(当時はマンガ喫茶)④ラブホパチンコ屋の5個に絞られた。当然当たり前に「兼任店長な♪給料は2店舗分出すからさ♪」という有難いお言葉を頂いた上で、よくよく候補を見直すと、、、

(゚Д゚)パチンコ屋以外、全部24時間営業じゃね!?

という衝撃的な事実に気付く。こうなると、パチンコ屋をもう1軒やるのがナカムラ的にはベストなのか?ん~でも他の営業もしてみたいな…特にラブホ…色んな意味で…。ゲーセン遊び放題も面白そうだし、マンガ喫茶ならメシ食い放題&仮眠し放題…選択理由の方向性が明らかに間違っているのだが、もうね、何しても何とかなるし!

既に「縦に立つボーナス」貰ってる身としてはお金の問題でもない。個人的に興味がある候補として①ゲーセンマンガ喫茶ラブホの3つを推して、その日は解散。帰り際に仏陀が「1階ゲーセンで2階カラオケ、3階マンガ喫茶とか面白いな!建物新築すりゃいけるし♪」と呟いていた気がするが、精いっぱい聞こえないフリをした。殺す気なんでしょうか?

■覚悟
後日、仏陀の知り合い数人と目ん玉が飛び出る勢いの価格表の焼肉屋の個室で会合が行われた。要はそれぞれの分野の経営者さん達で、特にカラオケは当時の超大手チェーン店だった。

ナカムラ場違い!超場違い!酷いアウェー感に堪えながら色んな意見を聞き、最終的に残された候補は①ゲーセンマンガ喫茶の2つ。ウルトラCで3階建て案も完全に消えてないのが気になるが、概ねこの2案から二者択一!なのか?ウルトラBで1階ゲーセン2階マンガ喫茶になったりする可能性もあるんじゃねぇ?って感じなのだが、もうイイんだ!覚悟は決めた!仏陀の好きなように決めてくれればナカムラはヤルのみ!サシの多過ぎる肉に胸焼けを起こしながら誓ったのだった…。仏陀のファイナルアンサーはそこから約1か月後の予定!ばっちこいっ!

■まさかのオチ
会社の経費で候補業種の下調べ(主に法的な)をして良いとの事だったので、ゲーセンとマンガ喫茶のコンサルを呼んで事務所で勉強会を開いてもらったり、近畿圏内で繁盛しているゲーセンを見て回ったり、普通にパチンコ店を切り盛りしながら過酷な日々を続けること2週間。一気にパチンコ以外の風営法にも詳しくなり、ヒトツウエノオトコになった気マンマンのナカムラがまた事務所で3/4くらい眠りに落ちていると突然、今月2度目の仏陀降臨。まだ現金も溜まってないし「?」なのだが、事務所に入るなり「すまん!ごめん!」を連呼している。ますます「?」でございます。

(仏’ω’*)いやー実はな、色々考えたんやけどさ、業〇スーパーに貸す事にするわ!

な・ん・だ・こ・の・オ・チ…。忙しくなり過ぎる恐怖からは解放されたが、実際は他の業種も仕切ってみたかったのが本音で、この騒動は未だに惜しいおもひでとして心に刻まれております。

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

※本稿は過去に本誌に掲載した記事を、一部、WEBサイト用に編集した上で掲載しております。

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.