パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【パチンコ・パチスロ新台噂】『D× ×斗の× 主×は×ャギ』

投稿日:

リニューアルオープンのホールが、12月に入り、想像以上に多いことに少し驚いています。ほとんどが「パチスロ増台」で、2019年1月末に予定されていた高射幸性パチスロ機15%未満とする撤去期限が延期になった事を受けて、各ホール一斉に動き出した、という印象です。

旧基準パチスロ機を再設置するホールも数多く、パチスロ6号機の普及には、しばらく時間が掛かることを再認識した次第です。

ホールは今後、6号機についても、5.5号機や5.9号機同様に「より厳選して」購入する姿勢は変わらない事が予想されるため、2019年はパチンコから新規則機が普及していく流れのような、そんな感じがするところです。

当然、各メーカーは人気シリーズ機を中心に開発に力を入れていく事が予想されるため、来年のゴールデンウィークや夏場には強力なコンテンツの機種が登場する事を今から期待する所です。楽しみですね。

-新台噂-

・『P D●●斗の● 主●は●ャ●』
→年初から噂になっていた機種が、保通協の適合を受けた?という噂です。非常に楽しみですね。シリーズ機でもあり、あのキャラがメインで出てくると想像するだけでもワクワクするところ。早く実機を見てみたいものであります。楽しみですね。

・『S GⅠ優駿倶楽部2』
→検定通過済みで、正式発売が決定しましたね。あの人気シリーズ機で、前作も高稼働をキープした機種の最新機なだけにその動向には注目であります。かなりの目標販売台数を計画している?という話なだけに、メーカーも自信作なのかも知れません。早く実機を打ってみたいものです。

・『P美夏美夏パラダイス』
→早くもニューギンの噂の機種が検定通過したようですね。この機種が次機種ではないか?と想像しますが、一体、どんなスペック&ゲーム性となっているのでしょうか?新規則機ですし、出玉性能が一番気になる所ですが…。今後の動向から目が離せない所であります。

・『CR●ルト●●ャン●』
→恐らくこれが最後の旧規則機では?と思いますけども、2019年の春先頃には登場するのではないか?という話ですね。オリジナル機だと想像しますが、一体、どんなスペック&ゲーム性なのでしょうか?今から楽しみであります。早く実機を見てみたいですね。

・『S ATちゅら沖』
→噂に挙がっていた七匠のパチスロ機ですが、早くも検定通過した模様ですね。という事は発売も近い?と想像できる所ですが、どんな機種なのでしょうか?機種名からは沖スロのようなゲーム性となっているのか、気になる所です。注目ですね。

■プロフィール
チャーリー・ロドリゲス・湯谷
自称パチンコ・パチスロ伝道師。この立ち位置を20年近く続けているロートル業界ウォッチャー。特技はスプーン投げ。今ではスプーンも曲げられない程、筋力低下。「意見待つ!」と言い続けて、20年。他人の意見に未だ弱く、老化は続くか、パチンコやパチスロに賭ける情熱は衰えず!

-コラム

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.