パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】秘境のお店と不穏なハナシ。/CRAナカムラ

投稿日:

CRAナカムラのぱちんこ泰然自若59
はい皆様ごきげんよう!P沼を打つ時間を作るために仕事前倒し継続中のCRAナカムラですっ!

仕事柄、色んな地域をウロチョロするんですけど、この前「とある地域」で非常に香ばしくかつただならぬ雰囲気を感じ取って、急ブレーキ&Uターンで中を覗いてみたホールでね…設置機種を見てフリーズしましたよ…。

(゚Д゚)ゑっ…なんだこれ?

パチンココーナーにはもう絶滅したかと思われた1/3●9マックスタイプがズラーッと並んでて、パチスロコーナーも「正気ですか?」と聞きたくなるラインナップが鎮座なされている。これで平然と営業中なんですYO。

すぐさま伝家の宝刀P-WORLDで今いる人類未踏の地を検索したんですが、当然のように未登録。水曜スペシャル川口浩になりきって店内を探検するも、客が3人くらいしかいない店舗で、夏休みにカブトムシを捕まえた少年のように目を輝かせながら半笑いでウロチョロするオッサンが店員の目に留まらないワケもなく、痛すぎる視線に負けて打たずに帰りましたが…これはリベンジしなきゃ遺憾の意ですよ!絶対今度朝イチから突撃してやるんだい!

でねでね、こういうお店が営業してるかと思えば、ここ最近偶然なのか必然なのか不穏な事案が全国で多発してるみたいですね…。

某地域のホールで新台検査を終えて許可が出た後、担当官が抜き打ちでチェックしに来るとかもう完全に狙い撃ちですよね、ウララウララ~♪ええリンダ山本ですよ。話によると検査の時も、例の透明シートはもちろんノギスとか使って厳重にチェックされまくった上に再来訪ですから、もはや言い逃れ不可。台も持って帰られたので、お上のメンツ上、フル土下座外交しても

(上’ω’*)勘違いだったわ!無罪!

とは絶対に言ってくれないワケで、無承認変更となると1カ月程度の営業停止では済まないハナシ。区分的には量定Aなので2カ月~半年停止の線が濃厚にはなるが、何かの間違いか開き直るかで燃え盛るお上にガソリンぶっかけるような行動を取れば、会社としての死刑判決である「全店営業許可取り消し」まで、微粒子レベルでの可能性として無いことも無いんですよね。

これがチェーン店じゃなくて、単店で細々やってきたようなホールだったら営業停止3か月でも即死するのに十分なんですけど、まぁ今回は全国規模の大手さんなんで休んでる間の従業員も異動できるだろうし、休む期間の営業損失は痛いにしてもあの法人なら乗り越えれるハズ。

運が悪かった」とか「ツイてなかった」って言葉で片づけられてしまいがちですが、業界として真っ向から真剣にこういった問題に取り組むべき…じゃなくて「取り組まなかったら存亡の危機」ぐらいに捉えていかなければならない時期が来たようです。

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.