パチンコ、パチスロ業界ニュース

【コラム】P沼とP藤丸くんが楽しみで仕方ない件。/CRAナカムラ

投稿日:

CRAナカムラのぱちんこ泰然自若58
もうそろそろ年末の足音が聞こえてきた今日この頃、みなさまのぱちんこライフはいかがでしょうか?本業と原稿に追われまくって、パチンコする時間はおろか、ゆっくり寝る時間もままならないCRAナカムラでございます。とりあえず12月の頭に自由な時間を作るために、仕事前倒しでヘロヘロになってるんですが…それは何故かと言うとですねっ!待ちに待った「P沼」がいよいよデビューするから、じっくり打つために決まってるじゃないですかっ!

(゚Д゚)いやぁぁぁ~ここまでデビューを心待ちにするのはCRホー助ミニ(アムテックス:2011年)以来ですぜぇぇ~!

まぁ、くされフクロウにはアッサリバッサリと明智光秀も裸足で逃げ出す勢いの裏切りをかまされて、打ち始めて数分で無言になったんですけど、P沼に関しては続編ってワケではないので万が一ダメでも精神的苦痛は少なそう、たぶんメイビー。

ほんとここまで純粋に「遠足前日の小学生状態」にしてくれる機種は久々っ!アナログ2段クルーン演出用クルーンの組み合わせって、考えついた人はマジ天才でしょ!?なんなんですか?もうボクに仕事するなって事ですか?こんなの溺愛するに決まってるじゃないですか!中古が安くなったら部屋に置くためにも実機を買うさ!既にそれくらい盛り上がってますさ!

(゚Д゚)名機ファフナーの横に並べるんだい!

いろいろあった高尾ですけど、個人的に応援するし頑張って欲しい!

で、今年いっぱいはP沼を狂い打って、年明けの1月中旬に登場予定なのが「P藤丸くん」(藤商事)という名のマニアック感満点の機種。こちらはスタート値7.0/分で使える設計のアナログ機だが、果たしてこの7.0という数値が吉と出るか凶と出るか…7.0にもなると、もはやアナログ機を打っているという感覚が薄れて微妙になりそうなんだよね…これってボクだけの感覚でしょうか?高くとも5.0から5.5で良かったんじゃないかなぁ。アナログ振り分け×2の後にデジタル振り分けを1回経て、最後にクルーンでもう1回アナログ振り分けという流れなんだが、設定差が途中のデジタル振り分けにあるのも不安ではある。

P藤丸くんはP沼と比べて、ボクみたいなクソマニアへの不安要素は多いけど、化ける(一般受けする)可能性は高いのもまた事実だろう。コイツも楽しみなヤツだ!

というワケで、2018~2019の年末年始は打って打って打ち倒すのが確定していますので、忘年会新年会のお誘いにはあまりお付き合い出来かねますので悪しからずご了承くださいませ。これも「パチバカ店長」の宿命である、うむ。

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2019 All Rights Reserved.