パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【コラム】HEY!鏡の初動は別格クラス。今後の6号機は?/CRAナカムラ

更新日:

CRAナカムラのぱちんこ泰然自若53
やっとこさクソ暑い夏が終わったと思ったら既に肌寒い、今年は「秋」ってものが行方不明な東北からこんにちはっ!最近は週2くらいでしかパチンコする時間が取れないパチプロ、CRAナカムラです!

いやいやいや、ほんと色々とパチンコ絡みのタネを蒔きまくっておりまして、今日はここから一つだけ軽~っくバラしてやろうと思います。

真ん中の人、誰だかご存じですか?

ボクらくらいの年代の人なら「おぉっ!」となる人も多いかと思いますが、プロレスラーのTAKAみちのくさんであります。名前の最初にアルファベットが来てるくらいしかボクと共通点がなさそうなんですけど、実はこのオトコ…プロレス業界最強(ジャンキーという意味でw)のパチンカーでして、TAKAさんが仙台に来たついでに国分町で今後のお話をちょいと詰めてたんですよ。

既に全国津々浦々の団体個人とコネクションを持って、パチンコ業界&プロレス業界のタッグでもう色々と計画が進行中でございます。具体的に何をどうするのかはまだ伏せておきますが、近いうちに発表できると思いますんで、そん時はよろしくNe☆

さてさて、いつも通り前置きが長くなりまくりましたが今回は「パチスロ6号機の初動」について少々書かせてもらおうかな!っと。

6号機第1弾となる「HEY!鏡」(大都技研)が稼働し始めてから少し経ちましたが、某全国稼働データでの実証はもちろんの事、実際にホールで何回も打とうとしましたが…ずーーっと満台なんですよね。だからまだボク自身打ててないんですけど、評判は上々どころか絶賛の域に達してるみたいですね。ここからまだサミーのチェインナントカとか、KPEの戦国ナントカが控えてるんですけど、両者ともにゲーム性がかなり面白そう(打ち手目線)!な感じで、

(゚Д゚)6号機って全然アリじゃん!

という流れになりつつあります。3号機→4号機の時も4号機→5号機の時も、もはや絶望しかないくらいのスペックダウンを喰らって「存亡の危機」に陥ってきたのに、5号機→6号機の今回はヤケに順調過ぎるのが逆に怖くない?

AT機しか出てきてない今は楽観視が大半なんですが、数カ月前にもココで書いた通り…問題はAタイプなんですよね。

6号機の規定で純Aタイプを作るとダラッダラのゲーム性しか出せないのが目に見えてるんですが、ここにウルトラCが舞い降りるのか否か。恐らく舞い降りないんでしょうけど、その場合はジャグラー神話も木っ端微塵にフッ飛んで、少しづつ形を変えながらも長年続いてきた「伝統の純粋なパチスロ」が消滅する事になってしまうワケです、ええ。「消滅」って表現が正しいかどうかは分かりませんけど、実質的にそうなりますよね、きっと。

なんとかなりませんかね?ならない?そこをなんとかっ!

■プロフィール
CRAナカムラ
奈良・愛知・岐阜・広島で店長職を10年歴任。その後、大阪の某チェーン店で統括営業本部長職を経て独立。常に打ち手目線を持ちつつ…と言えば聞こえはいいが、この男自身パチンコするのが三度のメシより好きという重症患者。

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2018 All Rights Reserved.