パチンコ、パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

【新台噂】ユニバ系「ワ・・フ・」が11月に!同社6号機は来年1月以降か!?

投稿日:

・『ワ●●フ●』
→どうやら、次機種パチスロは、この機種?という話ですね。注目の6号機は来年1月以降を予定しているという話なのですが、どうなのでしょうか。11月納品予定という事で、そろそろ動きがあるかも知れませんね。楽しみです。

・『PAコスモアタック』
→あのパチンコメーカー、愛喜のパチンコ機が新基準機として登場となる模様ですね。どんな機種となっているのか?また、発売はいつ頃となるのか?注目して見ていきたい所であります。楽しみです。

・『パチスロらんま1/2』
→EXCITEブランドの5.9号機パチスロ機、どうやら発売される模様ですね。楽しみです。パチンコでも採用された有名版権ですし、どんなスペック&ゲーム性となっているのか、非常に気になる所です。注目です。

・『P宇宙戦艦ヤマト2199』
→サミーの新基準パチンコ機、第1弾機種がいよいよリリースされる模様ですね。どうやら設定無し、ミドルスペック仕様という噂なのですが、どうなのでしょうか?11月には登場する?と言われているだけに楽しみです。注目です。

・『ツインドラゴンハナハナ30』
→パイオニアのパチスロ機ですが、どうやら正式発売、決定した模様ですね。30パイ機種という事もありますが、ノーマルタイプのシェアが高まってきたように思います。今後のパチスロ市場の動向も気になる所です。楽しみであります。

パチンコとは逆で、パチスロ6号機、中々適合しない模様ですね。噂ながら話を聞くと、「いかに、高純増枚数で、ベースを低く抑える事が出来るか?」という点に開発の力が重点化されているという話です。

このペースでいくと、6号機が出揃う時期は少し遅れるのでは?と懸念されていますが、どうでしょうか?来年1月末には高射幸性機種を30%から15%未満にしなくてはなりませんし、検定期間の残っている5.5号機、又は適合済の5.9号機を導入しなくてはならず、ホール側も計画が立たずに困っているという話もあるだけに気になりますね。

また、来年に向けてホールもパチスロ台数を増台し、高射幸性機種を数多く残す、そんな計画を立てるホールもあるようです。さあ、それが吉と出るか?凶と出るか?注目ですね。

■プロフィール
チャーリー・ロドリゲス・湯谷
自称パチンコ・パチスロ伝道師。この立ち位置を20年近く続けているロートル業界ウォッチャー。特技はスプーン投げ。今ではスプーンも曲げられない程、筋力低下。「意見待つ!」と言い続けて、20年。他人の意見に未だ弱く、老化は続くか、パチンコやパチスロに賭ける情熱は衰えず!

-コラム
-

Copyright© 『遊技日本』 , 2022 All Rights Reserved.