パチンコ・パチスロ業界ニュース

『遊技日本』

パブコメの結果を警察庁が公表

投稿日:

規則改正の実施に伴い警察庁が7月11日から8月9日までの間に実施したパブリックコメントの結果と、これに対する警察庁の考えが9月4日、警察庁のホームページで公表された。

集まった意見の数は14,838件で、内訳はパブリックコメント意見提出フォーム11,448件、電子メール186件、FAX600件、郵送2,604件となった。

改正全般については、賛成の意見として「昔ながらの健全な大衆娯楽となる」、反対の意見として「規制内容が厳しく客離れが進むことが予想される」「改正を必要とする確実な根拠に乏しい」等との意見があった。

出玉規制に対しても、賛成の立場から「大勝することへの期待感からくる『頻繁に遊技をしたい』という気持ちを抑えられるので、出玉を抑えるというのは一定の効果がある」、反対の意見として「出玉規制の強化により、短時間で獲得できる遊技球数等が減少することから、結果として、遊技の長時間化を招くことが懸念される。依存防止対策としては逆効果ではないか」等との意見があった。

これらの意見に対して警察庁は、「ぱちんこ等への依存問題の実態を踏まえると、過度な遊技により、多額の遊技料金を支出している方の多くが、借金を抱えながらもぱちんこ遊技を続けているとみられる。このような方については、支出した遊技料金に相当する遊技球等獲得を目指すなどのため、過度な遊技を行っているものと考えられることから、今回の改正による出玉規制の強化には、一定の効果があるものと考える」等との考え方を示した。

-業界ニュース
-, ,

Copyright© 『遊技日本』 , 2017 All Rights Reserved.